授乳中は馬刺しとか食べても大丈夫ですか?にお答えいたします!【出張骨盤矯正OSAKA】

今回は、お客様からの「馬刺し大好きで授乳中に食べても大丈夫ですか?」のご質問を頂いたのでお答えしたいと思います。

またそもそも妊娠中からわかりやすくご説明します。

 

妊娠中の女性は「生ものは控える」という知識は一般的によく知られています。「生もの」と一言で言っても、お刺身やお寿司などの生魚だけではなく、生肉である馬刺しのことも差します。

授乳中の馬刺しはどうなの?

授乳中の馬刺しは気を付けたほうがいいのかどうかも気になりますよね。

トキソプラズマ症がヒトからヒトに感染することがないように、母乳から子どもへ感染する恐れはありません。

ただ、授乳中に母親がトキソプラズマ症の症状が出て具合が悪くなってしまうと、授乳するという行為自体が大変になってしまいます。

しかも、出産後の免疫が弱っている時期は、トキソプラズマに感染しやすい時期でもあるのです。

よって、出産直後の体力が戻っていない時期の馬刺しは控えたほうが無難です。

出産後しばらく経過して体力が回復しきった時期からは安心して馬刺しを召し上がってください。

妊婦さんは馬刺しを食べていいのかだめなのか?

単刀直入に。

妊婦さんは馬刺しを食べてもいいのかどうかというと、安心安全な馬刺しを取り扱う専門店の馬刺しなら大丈夫。それ以外は控えたほうが無難です。

また、妊婦さんは馬刺しを頻繁に食べることも控えたほうが良いでしょう。

 

では妊婦さんが馬刺しを控えたほうが良い理由とは

なぜ、魚や野菜・肉全般の生ものを控えたほうがいいというと、リステリア菌などの食中毒に侵される危険性があるからです。

リステリア菌は食中毒菌の一種で、下痢や嘔吐を引き起こし胎児にまで影響を与えることもあります。

また、馬刺しなどの生肉を食べることを控えたほうがいい理由に限って言うと、生肉に潜む寄生虫のリスクがあるからです。

 

生肉によって感染する可能性のあるトキソプラズマ

生肉にはトキソプラズマ、という名前の寄生虫が潜んでいる恐れがあります。 トキソプラズマは、トキソプラズマ症という感染症を引き起こします。トキソプラズマ症はすべての哺乳類がかかり得る感染症で、なんと、世界の1/3もの人口が感染したことがあるという統計も出ているほどヒトに身近な感染症なのです。

 

トキソプラズマ症とは

ヒトへの感染経路は生肉に潜んでいた寄生虫を食べてしまったときや、寄生虫の卵が潜んでいた動物のフンや庭の土を触った後にしっかりと手を洗わずに料理をしてしまった、土付きの野菜をしっかり洗わずに生で食べてしまった、などという経路があります。ヒトからヒトへ感染することはありません。

 

健康な人なら症状が出ないこともありますが、出る症状としては軽い風邪のようなもの。

1度感染したことがある人は、その後に一生続くといわれている免疫を獲得することができるので再発する恐れはほぼありません。

しかし、妊婦や妊娠前数か月の女性が初めての感染をしたとなると大変です。先天性トキソプラズマ症という死産や流産につながったり、産まれた新生児に精神的・肉体的・神経的な障害が出ることもあります。

 

加熱or冷凍すれば心配なし

ただし、このトキソプラズマ、熱には弱いため、肉を加熱したとき中心温度が67度以上になると、すべて死滅します。また、低温にも弱く中心部が-12度になるまで冷凍すると死滅します。

 

もし妊婦さんが馬刺しを食べてしまったら

トキソプラズマは冷凍によって死滅する、ということを考えると、ほとんどの馬刺しは一度冷凍されて流通しているので安全です。たいていの馬刺し中のトキソプラズマは死滅していると思っても良いので、心配しなくていいでしょう。

 

もし、風邪に似た症状が出た際は自分の生活を思い出してみてください。近いうちに生焼けの肉や馬刺しを食べていた場合や猫のフンに触れた覚えがある場合は、大事を取って病院に相談してみると安心です。検査してみた結果、母体が初感染をしていたとしても早期発見・早期治療をすることで胎児への感染を予防することができます。

 

妊娠中は加熱したやつを楽しみましょう

安定期になると、新しい家族が増える前の思い出作りとして旅行に行く方もいらっしゃるかと思います。旅行に行くと、その場その場の地の物や名物が食べたいですよね。

九州方面に行ったらやはり馬刺しが食べたくなってしまった…。

心配ないとわかっていても、ちょっと気になってしまう…。そういう場合は焼肉もあるお店を選ぶとよいですよ。

ご主人さまには馬刺しを食べてもらい、妊婦さんは馬肉の焼き肉を注文してみてはいかがでしょうか?

馬肉は加熱をすると、しっかりとした歯ごたえが楽しめ旨味もたっぷり。よく噛むことで少量でも満足できるので、妊婦の大敵の食べすぎも防ぐことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA